家を建てようと思ったら準備しておきたいこと

現在、住んでいる家が手狭になったり不具合があったりと家を建てようとする理由は様々あるでしょう。家を建てると決めてから、実際に住めるようになるまで1年近くかかる場合があり、子どもの入学や転勤などライフイベントとの兼ね合いをみながら家造りをスタートさせることが大切です。家造りをスムーズに進めるためにも、ハウスメーカーに依頼する前に予算とどんな家に住みたいのかを考えておきましょう。

ハウスメーカーは、モデルハウスなどを見学し情報収集をしたうえで、信頼できるハウスメーカーを選びましょう。ハウスメーカーが決まったら、間取りや予算についての相談が始まります。理想の住まいを手に入れるためには、ハウスメーカーとしっかり相談することが重要です。

理想のマイホームを手に入れよう

注文住宅は自由度が高く、設計やデザイン、設備など希望する条件を叶えることが可能です。家を建ててから住んでいるうちに、子どもの成長や親の介護など、月日が経つにつれ家族構成に変化があったり環境が変わったりすることもあるでしょう。そうした将来を見据えることも、家族みんなが暮らしやすい間取りを決めていくポイントになります。

間取りや予算などが決まったら、ハウスメーカーと工事の契約をして着工、上棟式を経て完成という流れになります。その間には、ローンを組んだり支払いをしたり資金面での動きや、登記などの手続きもあります。ハウスメーカーに依頼していれば、担当のスタッフが説明してくれるので、相談しながら進めていきましょう。

建売住宅購入のメリットは現物を見ることができる、注文住宅と比較して安い、スケールメリットがあるので良質な設備を割安で導入できることです。ただし仕様が決まっているので設備や間取りの自由度は低いです。