地元の事情に詳しくて信頼が厚い

工務店に注文住宅の建築を依頼することの魅力は、地域に根ざした経営をしている地域密着型の会社であるという点です。工務店は経営者がその地域に長く暮らしているケースが多く、地元ならではの事情をよく理解していて、建築条件や周囲の環境を配慮した設計に役立てることが可能です。

また、町内会など地域の団体からの信頼も厚く、依頼者がローンを組む時に利用する地元の金融機関からも信頼されていることなどが、有利に働くケースもあります。注文住宅の完成後も、工務店が地元にあることで担当者とのコミュニケーションがとりやすく、アフターフォローや急なトラブルに対してもスピーディーかつきめ細かな対応をしてもらうことができるでしょう。

自由度の高いニーズに合わせた家造り

工務店に注文住宅を依頼することのメリットには、家造りに対する自由度の高さもあげられます。例えば、地域密着型の工務店では、全国展開のハウスメーカーのように大量に資材を確保しておくことがないため、住む人それぞれのニーズに合わせて最適な建築資材や設備投資を提案してもらえます。そのため、予算との兼ね合いを考慮しながら、時間と手間の許すかぎり一つ一つ吟味していくこともできるでしょう。

さらに、工務店では自社で雇っている職人が施工を担当することになるため、依頼者からの要望やイメージが正確に伝わりやすいのも大きな利点です。特に注文住宅に対して設計や間取りにこだわりがある依頼主の場合には、自分が思い描いていることを形にしやすい工務店を選ぶようにするとよいでしょう。

一戸建ての気密性・断熱性能を上げたり太陽光パネルを導入することで、光熱費を低く抑えることができます。外壁や屋根には高機能で長持ちする材料を選択すると、メンテナンス費用を抑えることができます。